浮気が原因で離婚する場合は、後悔のないようにやれることをやりましょう。

MENU

浮気が原因の離婚-後悔しないためのポイント-

浮気が原因の離婚をすると、当事者と被害者で以下の後悔をします。

 

浮気をした当事者

浮気の当事者が離婚したくないのに離婚事由の不貞行為を突き付けられて離婚に至る

 

浮気をされた被害者

証拠がない中で離婚や浮気・不倫の話を進めてしまい、証拠不十分で慰謝料請求ができない

 

双方の立場で後悔しないためのポイントをまとめました。

 

 

浮気した人が後悔しないポイント

浮気して後悔した男性

浮気は、「浮ついた気持ち」 という言葉を使うように、その場限りの気の緩みで浮気をしてしまうことがあります。

 

浮気が原因で離婚する人の多くは、本気で恋愛感情を抱いていない中で離婚したり、元配偶者よりも好きな気持ちを持つパートナーと結ばれたにも関わらず生活環境の変化で後悔することがあります。

 

通常の離婚に比べて浮気が原因の離婚は以下のデメリットがあります。

 

  • 慰謝料を取られる
  • 子供の親権を取られる
  • 当事者が離婚したくなくても法的に離婚が認められる。

 

ほかにも離婚をすると財産分与をしたり、戸籍に元配偶者の名前に「×」が付いてバツイチのレッテルを貼られるデメリットがあります。
それでも双方が合意して離婚するのは、お互いが離婚することの方がメリットを得られると感じているからです。

 

浮気が原因の離婚は、別れるつもりはなかった中で離婚が成立してしまうことがほとんどです。
女性が浮気をした場合は、慰謝料なしのシングルマザーで育てることになったり、一番大切な子供の親権を持っていかれてしまうリスクがあります。
財産分与を受けられたとしても、夫の収入がなくなって生活水準が下がると、前の生活に戻りたいと後悔することがあります。

 

男性の場合は大半が一家の大黒柱になっているので、離婚すると子供と離れて養育費だけ払い続けて、浮気を理由に会わせてもらえないこともあります。
慰謝料と養育費を払うと金銭難になって新たな独身生活を楽しんだり、新しいパートナーを見つけることが難しくなります。

 

また、浮気が原因で離婚したケースで多く見られるのが、浮気が発覚して離婚問題が成立した途端に関係を断たれてしまうことです。
不貞行為(不倫)だった場合は、浮気相手も慰謝料請求されることになり、相手にバレた時点で逃げようと考えるのが一般的です。
何より「離婚したら一緒になろう」と言葉にしていても、実際に離婚されると重たく捉えられて逃げられる(本当は遊びだった)ケースが多いです。

 

 

本気で浮気相手と一緒になりたいのであれば、先に離婚する

浮気相手のことが本気で好きで、離婚してでも一緒になりたい場合は、心を鬼にして関係を一時中断、もしくは探偵を雇われても絶対に証拠を掴ませない警戒をして、先に離婚を成立させることです。
配偶者が離婚に応じてくれない場合は、別居することで法的に夫婦関係が破綻と判断されて、慰謝料請求を回避できるケースがあります。

 

離婚を前提に話を進めて相手の本気度を確かめることも大切です。抽象的に「離婚して一緒になろう」と聞いて同意を得るのではなく、「離婚に向けて来月から別居しようと思うけどどう思う?」などと具体的な話をしましょう。

 

 

浮気された人が後悔しないポイント

浮気の被害者が後悔するのは、証拠を取らずに慰謝料請求できなくなってしまうことです。
信じていたパートナーが浮気をすると怒りの感情がこみあげて、慰謝料なしでもいいからすぐに離婚したいと思うものです。

 

しかし、いざ離婚が成立してしまうと、やっぱり取る物を取っておくべきだったと後悔します。
特に子供がいる家庭や、元配偶者が経済力を持っていた場合は後悔しやすいです。
いかなる理由でも浮気の兆候が出て事実なら離婚を検討する場合は、探偵を雇ったり自分でスマホのスクショを集めておくなど相手にバレないように証拠集めをしてください。