男性が女性よりも浮気をしてしまう理由は、本能的なものにあります。

MENU

男性が浮気する理由

男性が浮気をする理由は、身体目的の理由が多いです。
女性に比べて男性はパートナーに不満がなくても浮気をしてしまうケースがあります。
束縛すると逆効果になるし自由にさせても浮気をするなど、対処法がなくて悩んでいるj女性が多いです。

 

 

男性は女性よりも浮気をする本能がある

浮気する男性のイメージ

全ての男性が浮気をしているワケではないですが、全体的に男性は女性よりも浮気をしたり他の女性を求めて風俗に行くことが多いです。

 

動物の世界や一部の国では一夫多妻制があるように、昔から男性は複数の女性と同時期に関係を持つ文化が存在しています。

 

女性は長期に渡って妊娠期間を必要にする構造上の問題がありますが、女性が複数の男性を相手にして家庭を築く文化はほとんどありません。

 

もっとシンプルに解説すると、男性は同じパートナーとの性行為を繰り返すと飽きてしまう脳の構造になっています。
若くて美人でスタイル抜群、テクニックや相性など全てが完璧でも、多くの男性は心の中には他の女性ともセックスをしたい願望を持っています。

 

法律で不倫が離婚事由として認められているように、多くの男性は交際段階であってもパートナーがいれば他の女性と関係を持つことを自制するのが正常です。
しかし、魅力的で女性から寄ってくるようなモテ男や、自制心が弱い男性はすぐに浮気や不倫に走ってしまい、ダメだと分かっていても誘惑があればすぐに負けてしまうものです。

 

 

ハーレム願望がある

経済的に成功した人の夜の遊びを見た場合、男性はクラブなどで多くの女性にドリンクをサービスしたり、複数の飲み屋をハシゴする人が多いです。
銀座のホステスは太い客を相手に休日はゴルフに行ったりします。
ホステスに貢ぐ社長は、気に入ったホステス1人がゴルフに来るよりも、複数のホステスがゴルフに付いてきてくれる方が嬉しいと思うものです。

 

それに対して女性がホストにハマるケースを見ると、ほとんどが1人のホストだけを目的に通いつめていくものです。

 

つまり、人間心理で男性は多くの女性に愛されるハーレム的な状況を作りたくて、女性は意中に決めた1人の男性を独占したい願望が強いです。

 

価値観や本能の違いがあるため、女性はパートナーに満足していれば浮気をしないのに対して、男性はパートナーに満点の評価を出していても浮気をしたい願望を抱くケースがあります。

 

 

浮気をしない男性の特徴

浮気をしない男性の特徴に合致しない部分が多い人や、特定の項目で180度違う男性は浮気をする可能性があります。
女性よりも本能的に浮気願望が強い中でも、一切浮気をしない男性の特徴を見ていきましょう。

 

モテない

浮気願望があっても相手にしてくれる異性がいない
モテない経験があるからこそ、現在のパートナーのことを大切に想い、絶対に失いたくない気持ちがある

 

多忙

仕事や趣味、家族サービスで予定がビッシリ埋まっていて、時間や体力の余裕がない男性は手間暇かかる浮気はしません。
お金と時間の双方に余裕があると浮気率が一気に高まります。

 

金銭的に余裕がない

男性はデート代を負担するのが一般的で、浮気をするにもお金がかかります。
一部でヒモになる男性がいますが、ヒモになれる男性は女性と都合の良い付き合い方をする天性のセンスがあり、モテる共通点があります。

 

ストレスがない

仕事、家庭にストレスがない場合や、家族サービスや子供との交流でストレス解消になる人は浮気や不倫をしません。
日常的なストレスも浮気の原因です。

 

セックスレスじゃない

男性は構造的に定期的な性欲処理をしないといけません。
パートナーとセックスして性欲を溜め込まなければ浮気をするリスクが低くなります
例外として根本的に性欲が強い人は、パートナーとの定期的なセックスをしていても浮気をします。