浮気の定義は広く、逆に不倫は限定された状況を指します。

MENU

浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違いを考える男性

不倫は、最低でもどちらか一方が既婚者で肉体関係を持ったことで成立します。
それに対して浮気は、双方が独身で肉体関係を持った場合をはじめ、肉体関係なしの場合や既婚者を相手にした場合でも浮気の言葉を使う場合があります。
浮気と不倫の違いについて解説します。

 

 

浮気の定義

不倫は冒頭で紹介したように特定の条件に限定しているのに比べて、浮気は幅広い場面で使われます。
浮気に該当するパターンを見ると、不倫との違いが分かりやすくなります。

 

 

双方が独身なら無条件で浮気

不倫の定義は、どちらか一方が既婚者、もしくは双方が既婚者(W不倫)になるので、双方が独身でやましいことがあれば浮気になります。
肉体関係を持っていなくても、恋人に隠れて他の異性と連絡を取り合っていた場合も浮気です。
好意を寄せた異性から相手にされていなくても、アプローチをするだけで浮気になるケースもあります。

 

浮気と不倫の違いの一つに、浮気は関係が発展していないけど浮気をしようとする「浮気心」という言葉が存在するのに対して、「不倫心」は存在しません。
浮気心と浮気の基準は曖昧で、男女で考え方が異なります。

 

参考記事:男女別浮気のボーダーライン(男女別どこからが浮気)

 

 

既婚者による浮気

特定の相手と頻繁に会って肉体関係を持っている場合は文句なしの不倫です。
一度きりの関係でも、その後に好意を寄せて連絡を取り続けることも不倫です。

 

「不倫 = 離婚事由の不貞行為」 に近いと考えれば分かりやすいです。

 

離婚事由の不貞行為は、法的証拠をつかまないと離婚が認められなかったり、慰謝料請求ができない場合があります。
不倫の定義で見た場合は、法的証拠の有無は関係なく、証拠を掴まれたら不貞行為として認められるようなケースです。

 

既婚者が浮気に該当する主な事例をご覧ください。

 

  • 行為を寄せて連絡を取り合ったりデートをしたけど肉体関係は持っていない
  • キス、ハグ、手を繋ぐなどの行為に留まっている (ラブホテルの密会は最後までいってなくてもアウト)
  • 他の異性に対して、あからさまに関係の発展を望むようなアプローチをしている
  • 本番なしの風俗店に行った(性行為以外の性的サービスは不貞行為にはならない)
  • 本番行為のある風俗を利用した ※
  • ナンパした身元の分からない女性と肉体関係を持ったが連絡先交換していない(その後の連絡はしていない) ※
  • 元から接点のある女性と飲み会で一晩限りの関係を持ち、その後の連絡はしていない ※

 

※肉体関係を持った場合は、証拠があれば法的に不倫として立証できる場合があります。
ただし不倫相手に対して慰謝料請求できるのは、既婚者だと知っていた場合です。
風俗に限定して、既婚者だと知った上で関係を持っても慰謝料請求の対象にはなりません。

 

 

不倫か浮気か曖昧なケース

法律上は、既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持った時点で全て不倫に該当します。
証拠を掴めば、離婚相手に対しての慰謝料請求も可能です。(風俗であっても可能)

 

ただし、離婚事由の不貞行為を立証する証拠は、定期的な関係を持った相手でないと困難です。
証拠を掴んでいるかは別にして、探偵を利用したりスマホチェックで証拠を掴める可能性があるものは不倫、継続していないものは浮気と区別する動きがあります。

 

つまり、不倫か浮気か曖昧なケースは、法的には不倫だけど被害者の配偶者が浮気だと判断できるような内容が肉体関係を伴う既婚者の浮気です。