離婚裁判を原告側として行う場合の弁護士選びはそれほど重要ではありません。まずは無料相談で証拠の効力を相談する事からはじめましょう。

MENU

被害者の弁護士選びのポイント

浮気や不倫を理由に離婚裁判に発展してしまった場合、弁護士に依頼をする必要性があります。
弁護士費用は決して安くはないですが裁判で不利な判決が出てしまう損失と比べれば安い物ですし、弁護士選びは非常に重要です。

 

ここでは、被害者側の立場で、弁護士選びのポイントを紹介していきます。

 

 

専業主婦・パートの場合は法テラスを利用する

法テラスとは、国が弱者救済の為に運営している弁護士団体です。
在籍している方は法テラスに登録しているそれぞれ別の弁護士事務所に所属している弁護士の方達です。

 

法テラスは主に、裁判で勝訴が確実なのに初期費用が工面できずに泣き寝入りする被害者を救済する目的を持っています。
この為、相手が不貞行為をしたなど、決定的な落ち度があり慰謝料請求や財産分与をする事が確実な場合は初期費用無料で依頼をする事ができます。

 

勝訴判決があり、慰謝料の支払いが行われた場合は規約に基づき必要な報酬を支払う事が必要になります。

 

法テラスを利用する場合は、原則資産180万円以下。収入が手取りで18万2千円以下(家賃がある場合は最大4万1千円加算)などの所得と資産の条件もあります。

 

 

法テラスの無料相談は3回まで無料

法テラスの要件を満たしている。もしくは基準ギリギリの場合であれば3回まで無料相談を受ける事ができます。
離婚裁判を起こすか検討したい場合や、勝訴見込みや独自で用意した証拠の有効性について確認したいなど、具体的に裁判をする事を決めていなくても気軽に相談できます。

 

一般的な弁護士事務所は無料相談を行っていても初回のみです。
法テラスを利用すれば同じ弁護士の先生に3回まで無料で相談できる点も大きなメリットになります。

 

 

イレギュラーなケースは実績のある弁護士を

弁護士の中でも、離婚裁判を得意にしている方や、難しいケースで勝訴を勝ち取ってきた実績をある先生がいます。
こうした専門性が高い弁護士はインターネットでお住まいの地域の弁護士を調べてみたり、友人、知人から紹介や弁護士に人脈がある方から情報収集をするなどの方法があります。

 

特に実績のある弁護士が求められるケースはイレギュラーなケースです。

離婚裁判でいうイレギュラーなケースとは

  • 証拠が認められるか微妙な場合
  • 相手が嘘を固めてきている
  • 極端に資産が多かったり、財産隠しの懸念がある。

などといったケースです。

 

離婚裁判は相手に不貞行為があり、探偵を入れるなどして証拠が揃っていれば、弁護士の手腕で判決が左右される要素は少ないので、地域の弁護士や、法テラスなどから紹介される弁護士などに相談する流れで問題はありません。