浮気や不倫の証拠は車から発見できる可能性が非常に多いです。カーナビやシート、GPSを活用した調査方法を紹介しています。

MENU

素人でもできる浮気・不倫調査テクニック~車編~

車で行動をする事が多いケースでは、車から浮気や不倫の証拠を得られるケースがたくさんあります。携帯やスマホに比べても車はガードが緩くなりやすいので、簡単に証拠を見つけられるケースも珍しくありません。

 

ここでは素人でも簡単にできる車を活用した浮気・不倫調査テクニックを紹介します。

 

 

カーナビ

近年ではカーナビ装着率が高まっています。

 

車にカーナビが付いている場合は軌跡(車が通った経路の履歴を残す機能)で行動パターンや不自然な外出先がないかを確認したり、検索履歴などをチェックする事が有効です。

 

カーナビ

 

もしも、話に聞いていた行き先と違う所に行っていた履歴が分かれば浮気や不倫をしているケースが非常に高いです。

 

HDDやSSDで音楽録音機能が付いているケースは、突然本人の趣味ではない音楽が増えていないかもチェックしておきましょう。

 

 

シートで髪の毛のチェック

車のシートは髪の毛が絡みつきやすい素材でできています。
コロコロやガムテームなどの粘着素材で助手席に自分とは違う女性の髪の毛が落ちていないか確認してみる事はとても効果的な調査方法です。

 

 

GPS機能

セコムが盗難防止目的でリリースしているココセコムや探偵がレンタルしている小型GPSなどを車に隠しておけば、行動を追う事ができます。
GPSを内緒で設置する事は鞄や身の回りの物ではハードルが高いですが、車であれば、素人でも簡単に設置する事ができます。

 

同様に探偵でレンタルしているような本格的な盗聴器をしかける事も効果的です。
GPSなどを車に設置して追跡できる環境ができれば、尾行しなくてもリアルタイムで行動を追う事ができて、探偵費用も安くなるメリットがあります。

 

 

タバコの吸殻

喫煙車の場合はタバコの吸殻をチェックしておきましょう。
配偶者とは違う銘柄のタバコの吸殻があれば、誰かと行動を共にしている証拠です。
口紅がついていたり、女性に人気が高い銘柄でないか?などもチェックしておきましょう。
同様に車内のゴミからヒントを得られるケースもあります。

 

 

ちょっとした仕掛け

助手席のシートを動かすと、簡単に切れてしまう糸をシート下など見えない位置に隠して設置しておくなど、ちょっとした仕掛けで1人で外出する予定なのに、助手席に誰か乗っていないかを確かめる簡単な仕掛けでしたら、素人の方でも簡単に作る事ができます。

 

 

車の証拠は裁判では役に立たない

素人が集めた証拠は裁判でどこまで認められるのか?」のページでも紹介していますが、車から得られる証拠は裁判で役立つ決定的証拠にはつながりません。

 

仮に、軌跡や検索履歴でラブホテルに行った形跡があっても、裁判では認められない特性を理解しておきましょう。
まずは簡単にできる調査方法から始めて、確信できればGPSなどで追跡できる環境を作ってプロの探偵などに相談する事がオススメです。