浮気や不倫が自分が疑われていないか?監視されている不安がある人は簡単にできる対処法があるので実践してみてください。

MENU

自分が疑われていないか見極める方法

  • 夫婦の関係や雰囲気が以前にも増して悪くなった。
  • 配偶者の言動が不自然だ。

こんな事が起こったら、相手が浮気や不倫をしているんじゃないか?と疑う人も多いですが、実際にはその逆で、相手に自分が浮気や不倫の当事者として疑いの目をかけられているケースもあります。

 

実際に浮気や不倫をしているかは別にして、相手が自分の事を疑っていたり監視しないかを、見破るテクニックを紹介します。

 

 

スマートフォンを活用する

浮気や不倫を疑っている時に最も手を出すケースが多いのがスマートフォンです。
専用のアプリを使えば、ロック解除や閲覧履歴などを記録しておく事が可能です。
iOSやAndoridoごとにいくつかの、ロック解除閲覧アプリがありますのでインストールしておけば、勝手に見られていないか確認する事ができます。

 

また、重度のケースでは勝手にGPS連動型の追跡アプリなどをインストールされているケースもあります。
最近のものでは、アイコンを隠す機能が付いているケースもあるので、設定画面のアプリ一覧などから身に覚えがないアプリがないかを確認しておきましょう。

 

 

貯金通帳をチェックする

貯金通帳

相手に自分が浮気、不倫をしていると判断された場合、証拠を掴むべく探偵を雇われているケースがあります。
探偵は基本的に前払いで数十万円~数百万円の調査費用がかかります。
貯金口座から、大きいお金が引き出されたり、送金された履歴がないかチェックしておきましょう。

 

 

嘘の予定を入れてみる

例えば、休日に急遽どうしても休みの日に対応しない仕事が入った。と嘘を付いておきます。
そして休日に実際に伝えている予定通りに外出をして、その後30分~1時間後くらいに、先方の都合でキャンセルになった。などと伝えて、連絡なしに帰宅します。
相手が監視したり、尾行をしようとしていた場合、こうした想定外の行動を取ると相手も動揺する可能性が多いです。
できれば、嘘の予定を入れる日に配偶者の予定なども把握できていると、より効果的です。

 

 

わざと人気のない所に行ってみる

探偵などを入れて調査されている場合は、尾行をされている可能性もあります。
探偵の浮気・不倫調査の場合は複数人のチームになっている事が多いです。
車だったら、人があまりいないドライブコースを回ってみて、同じ車にマークされていないか?徒歩だったら、客が少なくて、入口が何箇所もあるお店の出入りを繰り返してみるなど、尾行を見破れるような行動をとってみる事もオススメです。

 

ただし探偵の場合相手もプロなので、簡単に見破る事はできません。実際に浮気・不倫をしている方は決して油断をしない事が大切です。